• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > 所得税・法人税を賢く節税, 青色申告 > 売却の日は契約日?引渡日?

所得税・法人税を賢く節税

青色申告

売却の日は契約日?引渡日?

span style=”color: #222222; font-family: arial, sans-serif; font-size: 13.63636302947998px; line-height: normal;”>個人が物件を売った際の売却益は、譲渡所得と言います。

この譲渡所得は、長期と短期に分かれています。

長期譲渡所得

⇒ 譲渡した年の1月1日現在で所有期間が5年を超える場合

⇒ 税率20%

短期譲渡所得

⇒ 譲渡した年の1月1日現在で所有期間が5年以下の場合

⇒ 税率39%

長期と短期で、税率が倍ほど違いますね。


では、この1月1日は、物件の契約日が基準となるのでしょうか?

それとも物件の引渡日が基準となるのでしょうか?


これは、実はどちらでも好きな方を選べるんです!


だから、12月中に契約して、1月に引渡しをした場合なら、

1月の引渡日を譲渡日とすることもできます。


5年を超えるか超えないかで、大きく税金が変わるので、

しっかりと覚えておいてくださいね。zp8497586rq