• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > 所得税・法人税を賢く節税, 確定申告 > 同じ年に売ったら相殺できる?

所得税・法人税を賢く節税

確定申告

同じ年に売ったら相殺できる?

個人で持っている物件を売却すると、
その売却によって発生した利益は、
給与所得や不動産所得とは別で税金がかかります。

これを分離課税といいます。

逆に物件を売却した損失が出た場合も、
他の所得と合算することはできません。

でも、同じ年に売った、複数の物件で、
プラスとマイナスが出ている場合は、その中で合算ができます。

ですので、複数物件を持っていて、売却する場合は、
戦略的に売却を考える必要があります。

また、平成21年、22年に購入した物件であれば、
売却の際に特例を使うこともできます。

⇒ http://www.zeikinjyuku.com/backnumber_vol12.html