• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > 所得税・法人税を賢く節税, 青色申告 > 勘違いの多い繰越損失

所得税・法人税を賢く節税

青色申告

勘違いの多い繰越損失

大規模修繕などで修繕費を一括で経費にすると、 損失が発生する場合があります。 そして、青色申告をしていれば、この損失は繰越しが出来ます。 繰越しできると、翌年以降の利益と相殺ができるので、節税に繋がります。 でも、この損失の扱いでよく勘違いされていることがあります。 それは、個人で給与など、他にも所得がある場合です。 個人で他に所得がある場合は、まずその所得と、

不動産所得の損失を合算します。 そして、合算してもまだ所得がマイナスの場合に、 初めて繰越しができます。 不動産所得で損失が出たら、そのまま繰越できると 思っている勘違いが多いので、覚えておいてくださいね。