• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > 所得税・法人税を賢く節税, 法人化 > 個人よりも法人の方が生命保険で節税できる理由

所得税・法人税を賢く節税

法人化

個人よりも法人の方が生命保険で節税できる理由

法人で不動産を運営していて、ある程度の利益が出ている場合、
検討したいのが、生命保険での節税です。

なぜ、法人だと生命保険の節税が可能かというと、
そもそも個人で生命保険を掛けても、節税できる金額が少ないからです。

具体的には生命保険料控除という控除があって、
個人年金も含めて年間最大12万円までしか控除できません。

一方、法人で生命保険を掛けると、その保険料は損金(=経費)にすることができます。

損金にできる金額は、保険の内容によって変わりますが、
法人では損金にできるので、節税対策の一つとしてよく検討されるんですね。