• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > 所得税・法人税を賢く節税, 確定申告 > 会社に不動産投資をしていることはバレるのか?

所得税・法人税を賢く節税

確定申告

会社に不動産投資をしていることはバレるのか?

いよいよ明後日から確定申告の受付がはじまりますね。

もしあなたが、会社に黙って不動産投資をしていたら、確定申告の仕方によっては、
会社に不動産投資をしていることが、バレてしまう可能性もあります。

確定申告書には、第一表、第二表があるのですが、第二表の右下に、住民税の覧があります。

この覧には、会社に住民税全額を徴収してもらう「特別徴収」のチェックボックスと、
不動産所得に対する住民税は、自分で納付する、「普通徴収」のチェックボックスがあります。

会社に不動産投資をしていることがバレたくない人は、
「普通徴収」にチェックを入れる必要があります。

しかし、この「普通徴収」にチェックを入れても、会社にバレる可能性があるのです!

それは、昨年の不動産所得がマイナスになっている場合です。

特に、昨年物件を購入している場合は、登録免許税や不動産取得税などの
経費が多くなっていますので、不動産所得がマイナスになる可能性が高いです。

そうすると、給与所得と合算されてしまうため、同じ会社の、
同じぐらいの年収の人よりも、住民税の金額が少なくなってしまうんですね。

この場合は、カンのいい経理担当者に聞かれたときに備えて、
しっかりと理由を考えておかないといけません。