• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > 必要経費・減価償却費, 所得税・法人税を賢く節税 > 不動産投資家はケーキを早食いしたい?

所得税・法人税を賢く節税

必要経費・減価償却費

不動産投資家はケーキを早食いしたい?

巷では「減価償却はできるだけ多く計上する方がいい」なんて噂が、まかり通ってますよね。

不動産投資の初心者ほど、その傾向は強いです。

減価償却費は、物件のうち建物部分の取得金額を、
その建物の耐用年数に渡って、経費化していくことを言います。

でも、その建物のうち、一定の割合を建物より耐用年数の短い設備と認識できると、
当初の減価償却費は、多くなります。

でも、これはケーキを先に多く食べている状態です。

建物の取得金額の総額は、どんな減価償却の取り方をしても変わりません。

1億円の建物であれば、1億円の建物というケーキを、先に多く食べるか、後に残しておくかだけの話です。

ケーキを先に多く食べれば、後は少なくなりますし、
先に多く食べなければ、後までケーキは残ります。

そしてケーキの食べ方は、その人の目的や性格によって変わります。

不動産投資家は、こういう大切なことをちゃんと知っておかないといけません。