• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > お給料, 所得税・法人税を賢く節税 > 不動産所得における、青色事業専従者給与

所得税・法人税を賢く節税

お給料

不動産所得における、青色事業専従者給与

個人で事業を行っていると、

家族に手伝ってもらったりすることがあると思います。

その場合、家族にお給料を払うことができます。

これが、いわゆる青色事業専従者給与というもの。

不動産投資の場合も事業と同じように

個人で不動産を所有している場合には

青色事業専従者給与を支払うことができます。

ただし、不動産所得独特のルールが一つあります。

それは、不動産所得から青色事業専従者給与を支払う場合には

「事業的規模」でなくてはならないということ。

つまり、区分所有一つから得られる収入に対して

青色事業専従者給与を支払うことはできないということです。

「お給料」はあくまで労働の対価ですので、

税務署からすれば、区分所有一つの管理などでは

認められないということなのでしょう。

ただ、8戸ぐらいあるアパートを購入しても

事業的規模にはならないので

注意が必要ですね。

事業的規模判定ですが、原則は「実質基準」

つまり、不動産の実質をみて、各税務署が判断します。

ただし、簡便的に以下のいずれかに該当すれば

「事業的規模」とみなされます。

1.貸間、アパート等については、貸与することのできる独立した室数がおおむね10室以上であること。

2.独立家屋の貸付けについては、おおむね5棟以上であること。

事業的規模であるかどうかは

節税の観点からは非常にポイントになってきますね。
zp8497586rq