• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > 所得税・法人税を賢く節税, 確定申告 > シミュレーションで気を付けること

所得税・法人税を賢く節税

確定申告

シミュレーションで気を付けること

うちの税理士事務所では、いつも11月ぐらいに、その年の確定申告でどれぐらい税金が発生するのか?という「納税予測」をしています。


今ぐらいの時期に、「税金が○○円ですので、用意しておいてください」といわれて、その税額にビックリするというお話もよく聞きます。


11月ぐらいに納税予測をすることによって、「今年は思った以上に利益が出たから12月に修繕をしようか。」とか、

「12月に備品を買おうか?」など、

税金をコントロールすることができます。


実際に他の事務所から移ってきてくれたお客さんは、このサービスに感動すら覚えるようです。


でもこの納税予測のシミュレーションで気を付けることがあります。


それは、

「土地を取得するための負債利子」

です。

これは、

・不動産所得がマイナス

・借入をして土地建物を取得している

場合に、

・土地に対する借入金利子が、

・損益通算するときに引けない

のです。


これによって、

・不動産所得のマイナスが少なくなり、

・全部の所得を合計した金額が高くなって、

・税金が多くなる

のです。


だからシミュレーションの際には、この部分も考慮しておかないと、思った以上に税金が発生して、ビックリします。