• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > 必要経費・減価償却費, 所得税・法人税を賢く節税 > なぜ4年落ちのベンツが節税になるのか?

所得税・法人税を賢く節税

必要経費・減価償却費

なぜ4年落ちのベンツが節税になるのか?

先日、メルマガの読者さんから、次のような質問を頂きました。

———————————————————————-

元国税調査官だった人が書いた節税のテクニカルな本に
4年落ちの中古ベンツを買って償却すると
償却期間2年で、購入金額を償却し、節税ができる。

かつ6年たったベンツは価値もあり、帳簿上価値のない車が、
いざ売ればなん百万にもなるとの話。

このテクニックを使うといいよとかいてあります。

これって大丈夫な節税方法ですか?

ただ不動産の管理をやっている大家でベンツを乗り回しては
ちょっと見かけないシーンだとは思いますが。

ベンツに限らず、経年変化しても資産価値の下がらない4年落ちの中古車を買って、
上記のことをくりかえせば、かなりの節税にはなるなと思いました。

税法上問題ないでしょうか?

———————————————————————-

法人で車を持っていて、それを節税に役立てたい人は多いようですね。

車の耐用年数は、基本的に6年です。

4年落ちということは、中古資産の減価償却の計算で、耐用年数をはじき出すと、

A 6年-4年=2年

B 4年×0.2=0.8年

  A+B=2.8年

となり、0.8は切り捨てられて、耐用年数は2年となります。

もしこの車を年の初めに購入して、定率法で減価償却をすれば、
1年目に大きな減価償却費が取れることになります。

でもこれだと、減価償却費もとれますが、お金も出て行っています。

ポイントは2年目です。

購入2年後に、この車を売却して、お金が入ってきますが、
同時に売価と簿価との差額である利益も発生してしまいます。

そこで、この売却額プラスαで、新たに4年落ちの車を買えば、
理論上はプラスα分のお金だけで、節税をしながら
4年落ちの車にずっと乗れることになります。

ですので、税法上は問題ありませんが、売却した時に、売価と簿価との差額が
利益になるということを忘れないでくださいね。