• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > 所得税・法人税を賢く節税, 物件購入前 > なぜ年末がいいのか?

所得税・法人税を賢く節税

物件購入前

なぜ年末がいいのか?

年末に購入するというのは、税金上はメリットが結構あります。

まず1つ目。
個人で購入する場合は、所得税の還付が多く受けられる可能性が高くなります。

サラリーマンであれば毎月会社からもらう給料から源泉所得税としてあらかじめ税金が差し引かれています。

そして年末に物件を購入すると、収入である賃貸収入は少なく、一方で物件購入に係る諸経費が多くかかりますので、不動産所得はマイナスになることが多いのです。

そうすると、給料と不動産所得のマイナスが相殺されて所得が下がり、あらかじめ差し引かれた源泉所得税の一部が還ってくるということになります。


そして2つ目は、消費税還付を考えている人です。

消費税の申告には1年ごとと、3ヵ月ごとと、1ヵ月ごとがあり購入時期によって使い分けないとダメなのですが、個人が年末に購入すると1年の申告でいいことになります。

と、いうことは申告の手間が省けるのです。

僕も年末で1年ごとの申告でした。


このようなメリットが年末購入にはあるんですね。
今、物件購入を検討している方は、今年中にまとめてくださいね。