• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > 所得税・法人税を賢く節税, 確定申告 > あなたはどのレベル?

所得税・法人税を賢く節税

確定申告

あなたはどのレベル?

不動産投資をする上で、自分の税率を把握することはとっても大切です。

それは個人で不動産投資をして利益が出た場合、税率によって、最終的に残るお金が変わるからなんです。


お時間があれば源泉徴収票か、確定申告書を出してみてください。


まずは源泉徴収票の「給与所得控除後の金額」から、「所得控除の額の合計額」を引いてみてください。

そして次に下記の税率を掛けて、控除額を引いてみてください。


課税される所得金額     税率   控除額

195万円以下         5%      0円

195万円を超え330万円以下  10%   97,500円

330万円を超え695万円以下  20%   427,500円

695万円を超え900万円以下  23%   636,000円

900万円を超え1,800万円以下 33%  1,536,000円

1,800万円超        40%  2,796,000円


そうすると源泉徴収税額になりませんか?

このときに掛けた税率が、自分の税率になります。

確定申告書だと、26の番号がある「課税される所得金額」という欄の金額に税率を掛けます。


例えば「課税される所得金額」が900万円の場合、税率は23%です。

そして物件を購入したことで300万円の利益が増えるとすると、税率は一気に33%にもなります。

住民税10%まで加えると、なんと税率は43%。

もう不動産の利益の半分が税金として取られている感覚です。


そしてこのような税率レベルを把握しておくことで、法人化をした方が良いのかどうかもわかるようになります。

ですから是非一度、ご自身の税率レベルを把握してみてくださいね。