• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > 住民税を賢く節税, 固定資産税・償却資産税 > 空家の固定資産税が高くなる?

住民税を賢く節税

固定資産税・償却資産税

空家の固定資産税が高くなる?

物件を持っていると必ず掛かる税金が固定資産税です。

固定資産税は固定資産税評価額に対して1.4%掛かります。

でも、住宅用の土地なら課税標準が
固定資産税価格の1/6や1/3と軽減されています。

この軽減措置があるので、空家で古い家屋が建っていても、
更地にせずにそのままにしている土地もあります。

更地にすると、軽減措置がなくなりますからね。

しかし、2015年の税制改正では、
危険な空家を減税の対象から外す方向になっています。

「空き家対策特別措置法」という法律に基づいて改正されるそうで、
空き家を放置しておくと、火災や犯罪に使用されたりする危険があるからなんですね。

これからは、空き家を持っている人は、
より積極的にその不動産を活用するか、
処分していく必要がありそうです。