• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム

住民税を賢く節税

固定資産税・償却資産税

本当に信じていいのか?

税金っていうと、思い浮かぶのは、「確定申告」だと思います。


この確定申告は、ご自身が税金の計算して申告する方法ですが、その反対に勝手に掛けられている税金もあります。


不動産の分野でいうと、登録免許税とか不動産取得税ですね。


このような税金を、「賦課課税」といいます。

そしてこの賦課課税方式の代表格が、「固定資産税」。

市町村が独自の基準で計算して税額が決まります。


でもこの固定資産税、本当に信じていいのでしょうか?


人間誰しも間違いはあります。

僕だってありますし、市町村にお勤めの公務員の方も当然、間違えることはあるわけで・・・。


と、いうことはもしかしたら固定資産税の評価額が間違えている可能性もあるわけです。

そして僕たちがそれをチェックできるように、固定資産税には、「縦覧期間」というものがあります。


そしてこの期間がちょうど今、4月1日(水)から4月30日(木)までなんです。

この間であれば自分の持っている不動産の評価額が適正かどうかを、他人の土地・家屋の評価額と比較できるんです!

しかも手数料は無料!


本当に信じることができない方は、この期間がチェックのチャンスですよ。