• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > 住民税を賢く節税, 固定資産税・償却資産税 > 最長7年間、固定資産税が安くなる?

住民税を賢く節税

固定資産税・償却資産税

最長7年間、固定資産税が安くなる?

固定資産税というのは、市区町村の税金で
毎年1月1日に不動産を所有している人に掛かる税金です。

不動産所得を得ている人にとって、この固定資産税というのは
経費の中でもトップ3に入るぐらい、金額の大きいものです。

この税率は、

固定資産税 1.4%
都市計画税 0.3%

で不動産の固定資産税評価額に対して合計1.7%が一般的に掛ってきます。

でももし購入物件が、新築物件であったり、
そもそも建築した物件であれば、軽減措置があるのです。

その軽減措置とは、立ててからの3年間、
耐火・準耐火構造、認定長期優良住宅なら5年間、
認定長期優良住宅&中高層耐火住宅なら7年間、
建物にかかる固定資産税が半分になるというものです。

でもこの軽減措置を受けることができるのは、
1室あたり120平米までの部分の固定資産税です。

また、1室あたりの床面積が40平米以上240平米以下の
建物でなければならないという条件もあります。

この軽減措置の恩恵を受けると、
最長で5年間も固定資産税が半分になるんですね。

でも、だからといって新築物件がいい物件とは限りません。

経費が少なくても、収入が少なければ意味がないですからね。

その点は新築については収入を慎重に見てください。