• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > 住民税を賢く節税, 固定資産税・償却資産税 > 塀や門、パソコンにまで固定資産税がかかる?

住民税を賢く節税

固定資産税・償却資産税

塀や門、パソコンにまで固定資産税がかかる?

土地や建物の税金というと、固定資産税が思い浮かびますよね。

固定資産税は、1月1日時点で土地や建物を持っている人に掛かる、市町村の税金です。

そして、同じ市町村の税金の中に、償却資産税というものがあります。

これは、塀や門、パソコンなど、償却する資産にかかる税金です。

具体的に次のようなものが対象になっています。

 ⇒ http://www.tax.metro.tokyo.jp/shisan/shokyak_sis.html#sy_3

内装や、内部造作も、この償却資産税の対象になっています。

ただし、免税点があって、課税標準額が150万円未満の場合はかかりません。

かかる場合の計算式は次のようになっています。

 ⇒ http://www.tax.metro.tokyo.jp/shisan/shokyak_sis.html#sy_5

この償却資産税の申告は、1月末が期限ですので、
該当しそうな方は、忘れないようにしてくださいね。