• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム

住民税を賢く節税

固定資産税・償却資産税

固定資産税の清算金は?

今日は固定資産税の清算金についてお話します。

物件を購入すると、決済の中で売主と固定資産税の清算をします。

これは1月1日に所有していた、売主が支払義務のある固定資産税を、買主が譲り受けた日から案分して、売主に払っているんですね。

例えば、100万円の固定資産税があって、1年365日のうち、売主が200日、買主が165日所有しているとしますと、

100万円×(165日/365日)=452,054円

を買主が売主に支払うことになります。


でも「固定資産税の清算金」という名目ですが、税法上は固定資産税ではないんです。

??ですよね。


固定資産税というのは、あくまで1月1日に所有している人が支払う税金なんです。

だから「清算」しているのは、単なる慣例で行っているだけで、清算したからといって、買主が「固定資産税」を支払っていることにはならないんですね。

それでは何になるのか?

これは税法上は売買価格に上乗せされることになります。

そして買主はこの清算金に相当する金額を土地、建物に含めることになります。

そしてこれが消費税還付をするときにも影響してきます。