• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > 会計処理でお金を残す > 消費税の還付金を利益にしない方法のデメリットとは?

会計処理でお金を残す

消費税の還付金を利益にしない方法のデメリットとは?

先週は「消費税の還付金を利益にしない方法とは?」というタイトルで、
お伝えしました。

 ⇒ http://tax.kanae-office.com/2016/08/post_907.html

税抜き処理にすると、還付金を利益として計上しなくてもよいという内容でしたね。

では、この処理のデメリットはあるのでしょうか?


実はこの処理をすると、購入後の毎年の減価償却費が少なくなってしまいます。

1億円の建物を借入で購入した場合の、税込み処理の建物分の仕訳は次のようになります。

 建物 1億800万円 / 借入金 1億800万円

一方、税抜き処理の建物分の仕訳は次のようになります。

 建物 1億円 / 借入金 1億円

税抜き処理の方が、800万円建物の金額が少ないですよね。

この800万円分が、建物の取得原価を下げるので、
その分、減価償却費が少なくなるんですね。

結局、税込み処理だと、最初に800万円が収入になり、
税抜き処理だと、その後の800万円が経費にできないということになります。