• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > 会計処理でお金を残す > 消費税の還付金を利益にしない方法とは?

会計処理でお金を残す

消費税の還付金を利益にしない方法とは?

消費税還付が成功すると、建物分の消費税が還ってきます。

建物が税抜き1億円だとすると、800万円の還付金となります。

では、この還ってきた800万円は利益になるのでしょうか?

実はこの800万円は、会計処理の方法によって扱いが変わります。

その会計処理の方法とは、消費税の税込み処理、税抜き処理です。

税込み処理とは、仕訳を切るときに、消費税を込みで処理する方法です。

先ほどの1億円の建物を借入で購入した場合の仕訳は次のようになります。

 建物 1億800万円 / 借入金 1億800万円

税込み処理の場合は、還付金が還ってくると次のような処理をします。

 普通預金 800万円 / 雑収入 800万円

したがって税込み処理だと、還付金は利益になってしまいます。

逆に税抜き処理の場合は、次のような仕訳となります。

 建物 1億円 / 借入金 1億円
 仮払消費税 800万円 /借入金 800万円

税抜き処理の場合は、還付金が還ってくると次のような処理をします。

 普通預金 800万円 / 未収入金 800万円

したがって税抜き処理だと、還付金の入金時に利益にならないんですね。