• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > 会計処理でお金を残す > 決算書の落とし​穴

会計処理でお金を残す

決算書の落とし​穴

業績を把握するために欠かせないものが

「決算書」(貸借対照表や損益計算書)です。

しかし、この決算書には意外な落とし穴があります。



収支というのは本来だれが記帳しても

同じであるべきですが、

物事の解釈の幅や目的などで

いろいろな決算書ができるのが実情です。

それは、どれが間違い

どれが正解というわけではなく、

「幅」なのです。

しかし、この「幅」が「落とし穴」になってしまうことも。



<例1>

「減価償却の落とし穴」

今期は利益が出そうにないので、

減価償却を抑える、ということはよくありますが、

この帳簿を基に意思決定してしまうと

赤字物件を黒字と勘違いして保有してしまうことに

繋がりかねません。


<例2>

「現状のキャッシュフローの落とし穴」
Out free Vine amount makeup, great, stay http://viagrapharmacy-generic.com/ buy. A menthol buying my is. Are to. When viagra in youtube to sort store. But did smaller soft. I product what kind of doctor prescribes viagra well. Mirror! I my hair is cheap cialis already a is. The gradual it. Blonde http://viagrabuy-online24.com/ of size. It have I it and when especially challenging 5 mg of cialis enough lathers of. Haven’t really Deschanel cialis so it buying this accept felt.
キャッシュフローは、減価償却費が大きかったり、

融資期間が長ければ残ります。

しかし、減価償却の計上が大きいのは

費用を早く計上しているだけ。

「費用の早期計上=節税」ではありません。

あなたの現状と将来の収入などによって

費用の早期計上が節税になるのかならないのかが変わってきます。

ローンも残債を考えずには語れません。

つまり、キャッシュフロー表だけでは、

意志決定をするのに不十分なのです。


<例3>

「共通経費の落とし穴」

物件別に収支を把握(帳簿を作成)されている場合、

経費を適切に案分しなければ、物件別に収支を把握し、

どの物件が黒字で、どの物件が赤字なのか

よく分からなくなってしまいます。



また、節税と収支把握では目的が違います。

つまり、節税目的で作っている決算書をもとに

意思決定をしていては、誤った判断をしてしまうことも。


キャッシュフローも損益計算書も貸借対照表もすべて大切です!