• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > 会計処理でお金を残す > 敷金や礼金をもらったときの処理は?

会計処理でお金を残す

敷金や礼金をもらったときの処理は?

入退去が発生すると、必ず出てくるのが敷金や礼金です。

ではこの敷金や礼金は経理上どのように処理するのでしょうか?

まずは入居時の例を一つ上げます。

【例】敷金40万円 礼金20万円

この例ですと、敷金40万円は将来入居者に返還するお金ですので
貸借対照表の負債として計上しなければなりません。

一方の礼金は、将来入居者に返さなくてもよいお金ですので、収入になります。

簿記の仕訳でいうと、

現預金 / 敷金 40万円
現預金 / 収入 20万円

となります。

この礼金は関西では「敷引」と言われることが多いです。

ですから関西の場合は、

敷金60万円 敷引20万円

というような形が多いと思います。

そしてこの物件を売却した場合は、敷金の金額も売主に渡しますので、負債が減少することになります。

敷金 / 現預金 40万円

しかし関西では「持ち回り」と言って、敷金分のお金は売主に渡されず
買主がもらうことになりますので、負債が収入に変わります。

敷金 / 収入 40万円

次に退去時ですが、上記の例の入居者が退去した場合は、
敷金40万円を入居者に返しますので、負債が減少します。

敷金 / 現預金 40万円

もし退去した人に滞納が10万円あった場合は、敷金から差し引きますので

敷金 / 現預金  30万円
敷金 / 未収入金 10万円(過去に滞納していた10万円)

となります。

一連の流れはお分かりいただけたでしょうか?

しっかりと収入に計上する時期を押さえておいてくださいね。