• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > 会計処理でお金を残す > 利益と実際に残るお金を両輪で見る!

会計処理でお金を残す

利益と実際に残るお金を両輪で見る!

不動産を融資を受けて購入すると、
税金で計算する利益と、実際に残るお金の額は違ってきます。

でも、普通はどちらか一方だけしか管理しません。

実際に残るお金の計算は、簡単です。

それは、賃料から元利合わせた返済と
経費、税金を引けばいいだけだからです。

賃料-元利返済額-経費-税金=実際に残るお金

でも、ちょっと会計を知っている人だと、
会計ソフトなどで、「利益」を管理しようとします。

利益は、賃料から経費を引くことで計算できますが、
この経費の中には、実際にお金の出ない減価償却費が含まれ、
されに、元利返済のうち、利息部分だけが経費になります。

賃料-減価償却費-利息-その他の経費=利益

どちらか一方だけしか管理していないと、
利益は出ているのに、実際のお金は残っていない!
なんてことにもなりかねません。

だから、利益と実際に残るお金を両輪で見ていくことが、
お金を残す不動産経営には重要なことになります。