• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > 会計処理でお金を残す > 儲かっています​か?

会計処理でお金を残す

儲かっています​か?

「儲かっていますか?」

というと、少しえらそうですが、

『業績を把握することの重要性』について書きます。


入社して、数名の顧問先様から

いろいろなお話をお聞きしました。


そこで感じたのは、業績把握に

みなさん苦労されているということです。


業績把握の重要性を語る上で

2つのポイントがあります。


それは、

1.速さ

2.質

です。


まず、「1.速さ」についてですが、

監査法人時代、私が担当していたクライアント様も

管理部門に優秀な社員を何名も投入し、

何度も予算の見直しをおこない、

月次収支の把握にかなり力を注いでおられました。


なぜそこまでするのか?


一言でいえば『儲けるため』です。


お金をかけて、業績を常に把握し、

タイムリーな意思決定を行う。



これを不動産投資にあてはめるなら

不動産投資も業績、市場の把握をタイムリーに行いながら、

売却や修繕の時期・金額などを決めていく。


タイムリーな情報を得ることは、

不動産投資家の意志決定に非常に重要になってきます。

年一度の決算書だけではタイムリーな意思決定のタイミングを

逃しかねません。

物件ごと、月次などで詳細に業績把握することをお勧めします。