• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > 会計処理でお金を残す > キャッシュフロー表は1つでは足りない?

会計処理でお金を残す

キャッシュフロー表は1つでは足りない?

物件を融資を受けて購入すると、借入金の返済や減価償却があるので、
申告の利益と実際に残るお金は違ってきます。

それは、

 利益=収入-(減価償却費+利息+その他の経費)

で、実際に残る税引前のお金は、

 実際に残る税引前のお金=収入-(返済元金+利息+その他の経費)

だからです。

違うのは減価償却と返済元金の部分ですね。

ここまではちょっと勉強した方なら、「わかってるよ」
という声が聞こえてきそうですね。

では、物件ごとのキャッシュフローはどうでしょう?

物件が1つならわかりやすいですが、2つ、3つとなってくると、
どの物件がどれだけ稼いでくれているのか、だんだんわからなくなってきますよね。

ですのでうちのお客さんには、物件ごとにどれだけ稼いでくれているのか?
というキャッシュフロー表をお渡ししています。

これは結構喜ばれています。

これを見れば、どの物件が力があるのかが一目瞭然です!

そしてどこを改善するべきなのかも見えてきます。

エクセルの知識があれば、作成できるので、
興味のある方は一度作成してみてはいかがでしょう?