• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > コラム, 物件購入前 > 購入1年目の固定資産税は固定資産税ではない?

コラム

物件購入前
購入1年目の固定資産税は固定資産税ではない?

中古物件を購入する際、固定資産税の清算金を、売主に払いますよね。

でも、実はこの清算金、「固定資産税の清算金」と言ってますが、
税法上は、固定資産税ではありません。

なぜなら、固定資産税は、1月1日に不動産を所有している人に掛かる税金だからです。

例えば、Aさんが6月8日に物件を購入したとしましょう。

6月8日以降は、Aさんの所有となるわけですが、
今年の1月1日時点では、Aさんはこの不動産を所有していません。

所有していたのは売主さんです。

だから、今年度の固定資産税は、税法上は売主さんが負担すべきものなんです。

では、引渡しの際の精算金は、買主側のAさんはどう処理するのでしょう?

これは、その分高く物件を購入したという解釈になり、
土地と建物の取得価額になるんですね。