• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > コラム, 物件購入前 > 融資評価はいいのに諸経費が多くなるケース

コラム

物件購入前
融資評価はいいのに諸経費が多くなるケース

購入している物件を融資の依頼に出すと、
銀行独自の評価で査定されます。

その評価方法は銀行によって違いますが、
だいたい、積算評価と収益還元評価を使います。

積算評価は、建物の価値、土地の価値を合算して評価する方法。

一方、収益還元評価は、物件の収益力を元に評価する方法です。

積算評価で使われるものの一つは、固定資産税評価額です。

固定資産税評価額は、時価の約7割の評価と言われていますので、
この額が高ければ、評価も自ずと高くなる傾向にあります。

でも、固定資産税評価額が高いということは、
物件購入時の登録免許税や、不動産取得税も高くなるということ。

ですので、購入諸経費は高くつくことになります。 online casino