• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > コラム, 物件購入前, 物件購入後 > 自己資金、早期回収の要因とは?

コラム

物件購入前
自己資金、早期回収の要因とは?

物件を購入するときは、自己資金をいくらか入れますよね。

この自己資金が、物件購入後のキャッシュフローで、
全額回収することができれば、理論的には、
また同じ投資ができることになります。

そして、自己資金の回収期間が早いほど、
投資拡大のスピードも早くなります。

では、自己資金の回収期間が早くなるのは、
どのような要因でしょうか?


▼当初の自己資金を少なくする

1、購入時にフルローン、オーバーローンで自己資金をできる限り少なくする。


▼毎年の税引後キャッシュフローを多くする

2、借入期間を長くして、毎年の返済を少なくする。

3、建物を高くする、あるいは設備を認識して税金の発生を遅らせる。


大きなポイントとしては、この3つですが、
どれも所有時や売却時に足を引っ張るものばかりです。

したがって、自己資金の回収を早くすることは、
リスクを拡大させることとオフトレードの関係にあります。

投資スピードを早くして、投資規模をどんどん拡大したい場合は、
その分、リスクも高くなることを認識しておく必要があるんですね。