• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > コラム, 物件購入後 > 節税対策には種類がある?

コラム

物件購入後
節税対策には種類がある?

不動産投資で利益が出ると、誰でも考えるのが節税ですよね。

節税には次のようにいくつか種類があります。

・お金が出ないけど、節税できるパターン

こちらは、例えば青色申告特別控除などです。

お金が出ないにも関わらず節税することができるので、優先して取り組みたい節税対策です。


・投資をして、節税できるケース

こちらは、例えば太陽光発電の即時償却や税額控除などです。

お金は出ますが、将来的に利益を発生させるものなので、
やり方によっては効果的な節税対策です。


・利益を繰り延べて、節税できるケース

こちらは、例えば不動産の買い替え特例で、売却益を将来に繰り延べるケースです。

お金は出ないですが、節税の延命処置のようなものなので、
将来的にはしっかりと節税戦略を立てていかないといけません。


・お金を出して、節税するケース

こちらは、例えば修繕をして一括経費にし、節税するケースです。

ほとんどの節税がこのパターンですが、
このケースは、お金を出した金額×税率分が節税になるだけです。

無駄なものに支出しても節税にはなりますが、
お金も残らないので、気を付けないといけません。

このように節税対策には、大きく分けて4種類ありますが、
利益の状況に合わせて、取り組んでくださいね。