• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > コラム, 物件購入後 > 節税とキャッシュリッチ、どちらを目指すのか?

コラム

物件購入後
節税とキャッシュリッチ、どちらを目指すのか?

最近、お客様と会う機会が増えているのですが、
お話を聞いていると共通する話があります。

不動産賃貸業の税金は、減価償却がポイントで、
設備の減価償却が切れると、税負担が大きくなります。

そうなると、他の節税対策を考えることになるわけですが、
節税対策をすると、お金を使うことになります。

そうすると、手持ちのお金が少なくなってしまいます。

10あるキャッシュを、節税対策で10使えば、
税金はかかりませんが、お金は0になってしまいます。

一方、節税対策をしなければ、お金は税金分しか減らないので、
お金は残ることになります。

法人税だと3割の税金なので、10あるキャッシュのうち7残ります。

ここで大切なことは、自分が今どのステージにいて、
今後、どうしていきたいのか?という方針です。

節税とキャッシュリッチ、どちらに舵を取るのか?
ということを決めていかないといけないんですね。