• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > コラム, 物件購入後 > 短期売却は法人​、長期売却は個人

コラム

物件購入後
短期売却は法人​、長期売却は個人

不動産投資の業績は、

売却して初めて業績が確定します。


ですので、

何年後にいくらで売却すれば、

どれぐらいのお金が残るのか?

ということが重要ですが、

期間まで考えた売却を考えた場合、

個人と法人でお金の残り方が変わります。


例えば個人で不動産を売却して利益が出る場合

短期譲渡所得であれば、

売却益に対して39%の税金。

5年超の長期譲渡所得であれば

売却益に対して20%の税金が掛かります。


一方、法人は所得によって多少変動しますが、

短期でも長期でも、1千万円ぐらいの所得であれば

売却益に対して35%ぐらいの税率です。


そうすると、購入したい物件を、

短期で売却予定の場合は、

個人短期39%-法人35%=4%

法人で買う方が節税となり、

長期で売却予定の場合は、

法人35%-個人長期20%=15%

個人で買う方が節税となるわけです。


もちろん物件所有時の

所得税・住民税率と、

法人税率のことも考えなければいけませんが、

いつ売却するのかによって、

戦略が変わることも知っておいてくださいね。