• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > コラム, 物件購入前 > 目標キャッシュフローから投資規模が逆算できる?

コラム

物件購入前
目標キャッシュフローから投資規模が逆算できる?

先週土曜日は、大家さん学びの会(R)関西の定例勉強会でした。

情報交換会と懇親会では、僕もいろんな大家さんとお話をしました。

その中で、目標キャッシュフローから投資規模が逆算できることをお伝えしました。

例えば、年間1,000万円のキャッシュフローを得たいという目標があるとします。

この場合、今の市況では、どれぐらいの投資規模が必要なのでしょう?



もちろん、融資をどれぐらい受けるかでも変わってきますが、
フルローンや1割程度の自己資金であとの9割は融資の場合、
投資規模の約2%のキャッシュフローが、標準的です。

1億円の物件であれば、200万円ですね。

逆にこれぐらいのキャッシュフローがなければ、
1億円の借金を背負うリターンとしては物足りないように思います。

5年から10年前は、投資規模の2.5%から3%のキャッシュフローが標準的でしたが、
今は不動産価格が高くなっているので、少々下がっています。

ということは、先ほどの1,000万円のキャッシュフローを得たい目標であれば、
投資規模は5億円になります。

もちろん、これはあくまで標準的な数値なので、様々な要素で変動はします。

「自分は投資規模の4%を残せる投資ができる!」
という人なら、投資規模は5千万円でいいわけです。

問題はあなたの目標キャッシュフローが、今の投資法と合致しているか?
ということなんですね。