• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > 物件購入前 > 区分、築古、RC・・・、どれがいいのか?

コラム

物件購入前
区分、築古、RC・・・、どれがいいのか?

これから不動産投資をしたい方が、よくご相談に来られますが、
「中古区分所有、築古木造、大型RC、一体どれがいいんでしょうか?」
という質問もよくあります。

しかし、この質問だけでは、どれがいいとも悪いとも言えません。

なぜなら、人それぞれ、達成したい目標も、負えるリスクも得意とする投資対象も違うからです。

「あまり借入はしたくないけど、月々数万円のお金が欲しい」
とうことであれば、中古区分所有投資でいいかもしれません。

「大きな借入をするリスクを負ってでも、短期間で月々100万円以上のお金が欲しい」
ということであれば、大きな物件に投資する方が近道です。

「リフォームの知識があるので、物件再生をして高く売りたい」
という人なら、木造築古物件がいいかもしれません。

もちろん、キャッシュフローがマイナスにならないことが大前提ですが、
それぞれの投資スタイルによってお金の残り方が変わります。

だからまずは、一般的にどのような物件にどんな条件で投資をすると、
どれぐらいお金のが残るのかを、理解してから物件を探すと、
目的に合う投資法が、早く見つかるかもしれません。