• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > コラム, 物件購入前 > 物件購入は出口まで見据えて

コラム

物件購入前
物件購入は出口まで見据えて

物件の購入を検討する時は、ほとんど購入後の
キャッシュフローがあるかどうかで判断すると思います。

もちろん所有している時のキャッシュフローは重要ですが、
出口を考えることも同じぐらい重要です。

例えば、自己資金700万円で購入した物件から、
年間100万円、毎年キャッシュフローがある物件を購入したとします。

これを10年運営すると、100万円×10年=1,000万円のキャッシュフローになります。

でも、出口まで見据えると、年間100万円ないかもしれません。

仮にこの物件を10年後に600万円で売却できたとすると、
実際には年間90万円しか儲かっていないことになります。

所有時1,000万円+売却時600万円‐購入時700万円=900万円

900万円÷10年=年間90万円

最初に高く買ってしまうと、このような結果になる可能性もあるんですね。