• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > コラム, 物件購入前 > 物件概要書を読みこなすために必要なこととは?

コラム

物件購入前
物件概要書を読みこなすために必要なこととは?

不動産投資をしたいと思った人にとって、必要な知識はいっぱいあります。

満室にするための方法や、家賃を落とさないための運営方法、
お金の流れや税金の知識も必要です。

では、最低限必要な知識とは何でしょう?

これから不動産投資をしたい人にとっては、
まず必要なことは、物件を探して、その物件が欲しい物件かどうか知ることですよね。

ということは、そもそも物件情報をしっかりと理解することができなければ、
本当にその物件が、自分が探している物件かどうかもわかりません。

物件情報が載っている物件概要書には、様々なことが書かれてあります。

それは、宅建業法に基づいて書かれているものですが、その法律をすべて知っておく必要はなく、
不動産投資に必要なポイントとなる部分だけでも知っておくことが、
不動産投資で失敗しないために重要なことです。