• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > コラム, 物件購入後 > 法人化する時の最終手段

コラム

物件購入後
法人化する時の最終手段

個人で持っている物件を法人へ移す場合、
土地と建物の金額は、基本的に簿価で譲渡します。

簿価は、税法が決めた減価償却方法に従って計算したものなので、
それを採用することは、何の問題もありません。

しかし、簿価が残債を下回っているケースや、
簿価よりも建物価格を大きくしたいケースなどは、
違う方法によって、土地と建物の金額を算定します。

その算定方法は最終手段となるのですが、鑑定評価を取る方法です。

不動産鑑定士さんにお願いして、評価してらえば、

その道の専門家が評価した数字なので、合理性がある程度認められます。