• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > コラム, 物件購入前 > 欲しいキャッシュフローから逆算して投資法を決める

コラム

物件購入前
欲しいキャッシュフローから逆算して投資法を決める

僕は色んな方の不動産投資についての相談を聞いてますが、
投資法に悩まれている人が多いです。

不動産の投資法と言うと、
・中古区分所有
・築古木造戸建
・1棟アパート
・1棟マンション
など、色々とあります。

僕が相談者に対して、いつもお聞きするのが、次の3つ。

1、何のために不動産投資をしたいですか?

2、それを達成するために、いくらのキャッシュフローが欲しいですか?

3、それはいつまでに欲しいですか?

この3点が決まれば、組み立てやすいです。

例えば、サラリーマンとして勤めている会社が倒産してもいいように
今のうちに副収入として年間600万円を5年後までに得ておきたい。

という目標があるとします。

物件をフルローンを組んで得られる税引き後のキャッシュフローは
良くても、物件価格の2%~3%。

もちろん、自己資金の割合や、融資の期間、金利、
そして税率によっても変動しますが、
およそ物件価格の2%~3%を基準としています。

年間600万円欲しいということは、3%で割り戻すと、投資規模は2億。

すると、次のような投資が考えられます。

・1千万円の区分所有を1年に4戸づつ買って、5年で20戸

・4千万円の物件を1年に1棟づつ買って、5年で5棟

・1億円の物件を2年に1棟づつ買って、5年で2棟

・2億円の物件を5年間探して1棟買う

この中で、あなたにとって現実的な投資法を探していきます。

もちろん、色んな投資法を組み合わせてもOKですが、
欲しいキャッシュフローから逆算して投資法を決めることもBest casino online payouts 考え方の一つとして覚えておいてくださいね。

765qwerty765