• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > コラム, 物件購入前 > 年収の高い人の方が有利な投資法とは?

コラム

物件購入前
年収の高い人の方が有利な投資法とは?

一般的に税金面からみると、個人で物件を購入する場合、
年収の低い人の方が、不動産投資でお金を残すには有利です。

なぜなら、年収が低いと、税率が低く済むので、
物件から上がる不動産所得に対する税金も少なくて済むからです。

でも、年収が高い人の方が有利な投資法もあります。

それは、初期に大きく減価償却費が取れる、
築古の物件に投資する場合です。

初期に大きく減価償却費が取れる投資は、
初期の不動産所得がマイナスになります。

すると、そのマイナスが給与所得と合算されて、
お給料から引かれている所得税が還付されます。

結果、減価償却費が発生している間は、
年収の低い人より多くの所得税が還付されるので、
より多くのお金が残ることになるんですね。

ただし、これはあくまで減価償却費がある間なので、
しっかりと出口戦略まで考えて投資することが大切です。