• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > コラム, 物件購入後 > 将来の数字が見える安心感

コラム

物件購入後
将来の数字が見える安心感

不動産の経営は、他の商売と違う点がいくつかあります。
まず、売上=家賃収入の物件一つ当たりの上限がほぼ決まっていて、
リピート率がとても高いので、
将来の売上の数字が読みやすいことです。
これ、他の商売だと、上限がないものもありますし、
リピート率が低い場合もあるので、
賃貸経営に比べると数字は読みにくいです。
次に経費。
こちらも、
・固定資産税
・管理費
・水道光熱費
・火災、地震保険料
・減価償却費
・支払利息
と、ほぼ数字が決まっているものが多く、
数字は読みやすいです。
数字の読めない突発的に発生しそうな経費は、
・修繕費
・広告宣伝費
ぐらいです。
では、数字が読めるということは、
どういうことに繋がるのでしょうか?
数字が読めると、次のようなことができるんです。
1、今年の業績&納税予測
2、来年の業績予測
3、向こう5年ぐらいの業績予測
将来の数字が読めると、
それに合わせて物件の入れ替えや修繕、
あなた自身のライフプランを考えることもできるので、
心に安心感を持って過ごすことができます。
不動産の経営は、他の商売と違う点がいくつかあります。



まず、売上=家賃収入の物件一つ当たりの上限がほぼ決まっていて、



リピート率がとても高いので、



将来の売上の数字が読みやすいことです。





これ、他の商売だと、上限がないものもありますし、



リピート率が低い場合もあるので、



賃貸経営に比べると数字は読みにくいです。





次に経費。



こちらも、



・固定資産税



・管理費



・水道光熱費



・火災、地震保険料



・減価償却費



・支払利息



と、ほぼ数字が決まっているものが多く、



数字は読みやすいです。





数字の読めない突発的に発生しそうな経費は、



・修繕費



・広告宣伝費



ぐらいです。





では、数字が読めるということは、



どういうことに繋がるのでしょうか?





数字が読めると、次のようなことができるんです。



1、今年の業績&納税予測



2、来年の業績予測



3、向こう5年ぐらいの業績予測





将来の数字が読めると、



それに合わせて物件の入れ替えや修繕、



あなた自身のライフプランを考えることもできるので、


心に安心感を持って過ごすことができます。
zp8497586rq