• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > コラム, 物件購入後 > 太陽光発電の節税は法人向け?

コラム

物件購入後
太陽光発電の節税は法人向け?

ちょっと前から注目されている太陽光発電。

マンションやアパートの屋根に、太陽光発電の設備を付けると

売電収入が入ってきます。


この売電収入には2種類あります。

1、余剰売電

2、全量売電

違いは名前の通りですが、簡単に言うと

1の余剰売電は、まず自分の物件で電気を使ってから、

余った分を電力会社に買い取ってもらう方式。

2の全量売電は、付けた太陽光発電設備から

発電する電気すべてを買い取ってもらう方式です。


この全量売電の場合、表面利回りはおよそ10%前後。

設備投資額にもよりますが、ローンを組んで設置すると

キャッシュフローはそれほど残るものではありません。

ただ太陽は永遠に退去しないので、

空室を考える必要がない分、安定して入ってきます。


また、太陽光発電の普及は国の政策でもあるので、

いくつか税金の特典が用意されています。


その特典とは、次の3つ。

1、30%の特別償却

2、7%の税額控除

3、100%即時償却

ただ、この特典は個人の不動産賃貸業での適用は難しく、

法人向けになってしまっています。