• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > コラム, 物件購入後 > 売却のタ​イミングはいつ?

コラム

物件購入後
売却のタ​イミングはいつ?

不動産投資に限らず、何でもそうですが

「安く買って、高く売る」

当然ですよね。

しかし、高く売っても半分税金で持って行かれてしまったら

折角頑張ったのに、がっかりですよね。


そうならないためにも、出来る限り税金のかからない「タイミング」で

売却するようにしましょう!!


売却時の税率ですが、個人と法人で異なります。



個人であれば、不動産の「保有期間」で税率が変わってきます。

 短期(保有期間=5年以内)は39%

 長期(保有期間=5年超 )は20%

保有期間が5年と6年では倍近くも税率が変わるんですね!




一方、法人は個人のように不動産の「保有期間」では税率は変わりません。
 ただし、「所得の大きさ」によって税率が変わります。

 例えば、「法人税」

 中小企業(資本金一億円以内)であれば、所得が800万円までは18%

所得が800万円超であれば30%となります。

 「事業税」では、所得が400万円以下と400万円から800万円

 そして、800万円超で税率が変わります。

このように、どの年度で売却するかによって、売却金額が同じでも

手元に残るキャッシュが異なってきます。

ですので、売却金額だけに注目せず、税率も考慮しながら、

売却されてはいかがでしょうか。

あと数カ月で6年目に突入される個人の方であれば、

少し値引きしてでも6年目に売却された方が結果的には

手元資金は多く残ることになるのではないでしょうか。