• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > コラム, 物件購入後 > 印紙を節約する方法

コラム

物件購入後
印紙を節約する方法

span style=”color: #222222; font-family: arial, sans-serif; font-size: 13.63636302947998px; line-height: normal;”>不動産を売買する時に必要なものの一つが印紙です。


今の印紙は、

1千万円を超え5千万円以下 1万5千円

5千万円を超え1億円以下 4万5千円

1億円を超え5億円以下  8万円

となっています。


不動産は金額が大きいので、

印紙の金額は小さく思いがちですが、

日常生活で考えると結構な金額ですよね。


この印紙を節約する方法があります。


印紙が必要な書類は課税文書といいますが、

この課税文書の中にコピーは入りません。


ということは、売買契約書を一通作って、

それに印紙を貼ってコピーし、

買主が原本を、売主がコピーを持ち、
die-besten-online-casinos.info Projekt, das allen Gasten zugutekommen wurde. arial, sans-serif; font-size: 13.63636302947998px; line-height: normal;” />
売主、買主で印紙代を折半すれば、

印紙代は半分で済むことになります。


「本当?」と思った人は、

国税庁のサイトに掲載されているので、確認してみて下さい。

http://www.nta.go.jp/taxanswer/inshi/7120.htm


他人との売買契約では、ちょっと不安があるかもしれませんが、

個人から、自分の法人への売買のときなどは、

使える技ですので、覚えておいてくださいね。

zp8497586rq