• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > コラム, 物件購入前 > 入居前に見抜く滞納者の共通点とは?

コラム

物件購入前
入居前に見抜く滞納者の共通点とは?

不動産賃貸業をスタートすると、一定の割合で発生するのが滞納です。

中には3ヵ月も4ヵ月も滞納する入居者もいます。

そんな滞納者を抱える大家さんの顔はとても辛そうで、
同じ大家として辛い気持ちがよくわかります。

滞納はお金は入ってこないのに、税務的には、収入であげなければならないので、
キャッシュフローとしてはダブルパンチです。

滞納はできれば避けたいもの!

ただ、滞納者には共通していることがあるんです。

その共通点、何だかわかりますか?



まず、入居募集をして入居者が決まると、まず見るのは、入居申込書ですよね。

その中でどこに注目しますか?

勤務先でしょうか?

年収でしょうか?

実はこれらは、あまり参考にはならないそうです。

滞納者は平気でこれらを改ざんしてくるからです。

それでは、どこを見ればよいのか?

一番見てほしいのは「転居理由」です。

転居の理由には、学校、仕事、結婚など、それ相応の理由があるはずです。

この転居理由があいまいな方は、滞納をする可能性が高いらしいのです。

ですから、入居希望者にしっかりと転居理由を聞くことが、
滞納を未然に防ぐ第一歩なんですね。