• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > コラム, 物件購入前 > 不動産投資の手残りに影響する5つの要因とは?

コラム

物件購入前
不動産投資の手残りに影響する5つの要因とは?

不動産投資には様々な投資法があります。

投資する対象としては、区分所有や戸建て、アパートやマンション。

その中でも新築なのか、中古なのか。

また地域的には、都心なのか、地方なのか。

そして、それぞれの投資法でお金の残り方が違います。

お金の残り方が違ってくる大きな要因は、

・利回り
・構造による耐用年数
・築年数
・借入条件
・税率

の5つです。

中でも、耐用年数、築年数、借入期間は、相互に連動しているので、
借入をして不動産投資をする場合は、とても重要な要素になります。