• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > コラム, 物件購入前 > 不動産投資が他の商売と大きく違う点は?

コラム

物件購入前
不動産投資が他の商売と大きく違う点は?

僕は、税理士業、そろばん教室、不動産投資等、様々なビジネスをしていますが、
不動産投資は他の商売と大きく異なる点があります。

それは、何かわかりますでしょうか?



僕が思う、不動産投資と他の商売の大きく違う点は、人にあまり頼らなくてもいい点です。

税理士業やそろばん教室は、いわゆる労働集約型の商売で、
お客さんが増えれば増えるほど、人材も必要になってきます。

人が多くなれば、場所も備品も必要で固定費も使いますし、
様々な問題も出てくるので、気も使います。

だから、ある程度の経営スキルがある人でないと、
なかなかうまく事業を拡大することはできません。

一方、不動産投資、不動産賃貸業はどうかというと、
入居者が入って、賃料をしっかりと入れてさえくれれば、
ほとんど人に頼ることなく、事業を回すことができます。

もちろん、管理会社やリフォーム業者など、外注先で人に頼ることはありますが、
それは事業の中で人を雇うこととは大きく異なります。

人材を抱えなくてもよいから、サラリーマンや主婦でもできます。

他にも、融資を受けやすかったり、仕入れがなかったりと、異なる点はありますが、
僕的には、人材を抱えなくも良い点が、大きな相違点だと感じています。