• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > コラム, 物件購入前 > 不動産の住民票を読めますか?

コラム

物件購入前
不動産の住民票を読めますか?

不動産投資をしようと心に決めた後、最初にすることは、何でしょう?

僕が物件を探し始めた時は、まずネットに出ている物件を見ることから始めました。

僕の場合、その頃、既に宅建に合格していたので、ネットに出ている情報も、ある程度理解できました。

でも、宅建の勉強をしたことがなかったり、不動産に今まであまり関わってこなかった場合は、
物件概要書に、何が書かれているか理解できないと思います。

地目や権利、道路や用途地域など、物件概要書に書かれていることは、不動産の基本的な情報です。

人に例えると履歴書のようなものですね。

ですから、物件概要書の情報を理解しないで、物件を購入するということは、
履歴書の情報を理解しないで人を雇うようなもの、
相手の情報を知らないで結婚するようなものなので、とてもリスクが高いことがわかります。

そして、もう一つの不動産の重要な情報が、不動産登記簿に書かれている情報です。

こちらは、人に例えると住民票のようなものですね。

これらの知識は、不動産投資家にとって、
知らないでは済まされない知識なので、絶対に身に付けておくべきです。