• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > コラム, 物件購入後 > キャッシュフローを下げる最悪のこととは?

コラム

物件購入後
キャッシュフローを下げる最悪のこととは?

物件を購入して運営すると、
できるだけキャッシュフローを最大化したいですよね。

キャッシュフローを最大化するためには、
税金の知識もないといけませんし、経費を下げることも重要です。

でも何がもっとも重要かというと、空室をできるだけ少なくすることです。

空室は入ってくるはずのお金が入ってこないということなので、
キャッシュフローにとっては最悪です。

空室があるだけで、毎月家賃相当のお金を、
ドブに捨てているようなものですからね。

そして、もう一つキャッシュフローにとって最悪なことがあります。

それは、滞納!

滞納は、お金が入ってこない上に、
税務上、収入にはあげないといけないので、税金は発生します。

まさにダブルパンチですね。

だから、空室と滞納を防ぐことが、
不動産投資家、大家さんにとっては、
最優先で取り組まなければいけないことです。