• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > コラム, 物件購入後 > やっぱり利回りは大事

コラム

物件購入後
やっぱり利回りは大事

不動産投資で大事なものと言えば、立地、建物の構造、築年数、間取りなどいろいろ思いつきますが、やっぱり一番は「利回り」ですよね。

エレベーターがあって管理費が高くなりがちな物件でも利回りがあればカバーすることができます。


そしてこの「利回り」が高ければ、連動して物件からのキャッシュフローも高くなります。

今の不動産投資の主流は、このキャッシュフローに置かれていますが、この利回りは売却時にも影響します。


例えば10年前に表面利回り20%の1億円の物件を購入したとします。

10年前から不動産投資をしている方に聞くと、当時は表面利回り20%という物件はざらにあったそうです。


そしてこの物件の賃料を維持できたとして表面利回り10%で売却できれば、なんと売値は2億円になります。


もちろん売却益に対して税金は掛りますが、売却するときは利回りが低くなれば低くなるほど、売値は高くなり、手残りのキャッシュは多くなります。

だからキャッシュフロー重視の投資も、売却益重視の投資も、やっぱり利回りは大事なんですね。